「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中村弥生のスキーテクニック

トレーニングのヒント
---------------------------------------------------------------
「外脚軸を使いマキシマムへ向かって外力を捕まえよう。」
b0278414_2013469.jpg

a note
ミクリッツ線(下腿重心軸) : 大腿骨頭から足関節中心を結ぶ下肢機能軸。外足軸。
アンギュレーション : 身体に角度を付けるからアングル・アングレーション→アンギュレーション。外力をコントロールしやすいポジション。
くの字姿勢 : 身体をくの字に使う。=アンギュレーション。外力をコントロールしやすいポジション。
ターンマキシマム : ターン中、外力が最大にな部分。



--------------------------------------------------------------
中村弥生のスキーテクニック
左ターン2コマのターンポジションからマキシマム4コマは外脚軸が出来ていてパワーがスキーに伝わる合理的なエッジングです。上下動も荷重のタイミングが合い、目線もターン後半を見据えて運動をリードし、パーソナルテクニックを充分に表現した滑りです。
 6〜8コマ、13〜15コマは切り換え場面。緩斜面オープンゲートを考えたなら単に踏み替えずに両スキー同時に切り換えたい。
踏み替えを行うなら谷足スキーの蹴り(キック)を使い推進力を作りたかった。
 右ターン切り換え後、ターンポジションへ向かう場面8コマでは、膝と足首を伸ばし腰を高い位置に作った方が重心移動量もふえ、9、10コマでの外脚軸が確かなものになる筈。
--------------------------------------------------------------
b0278414_20134075.jpg

--------------------------------------------------------------
外脚軸を作りターンポジション、重心を雪面に近づけながらターンマキシマムへ。
b0278414_20131173.jpg

by ti-ski | 2013-05-29 00:00 | 2013