「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

茂木利希のスキーテクニック

「脚の蹴り出し」はエッジングポジションを作り出す運動動作
----------------------------------------------------------------------------------------------
インターバルの狭いゲートへの対応は脚運動を充分に意識し、早いテンポで対応します。
大きな上下運動の余裕はありません。
重心移動と共に脚を蹴り出すことで素早くエッヂングポジションを作る事が出来ます。

 9〜13コマは、脚の蹴り出し(キック)がベストポジションを作り出す理想モデル。
(A) 10コマ足場づくり運動。
(B) 11コマ身体の下へ脚を引き寄せる。谷足荷重を維持したまま重心移動で谷スキーをフラットにしてゆくのか、10コマで股関節を開くようにいち早く谷スキーをフラットに動かしスキーを走らせるのか、陸上競技種目のハードル跳びのようにキック力を使い一気に抱え込むのかはその局面の状況判断が試される。
(C) 落下スピートを止めないスキーセンスが必要な12コマ。脚を蹴り出す事はスキーブーツ上方へ腰を位置させること。
(D) スキーブーツ真上に腰が来てエッジポジションが作られる。ブルーゲートへのスキーの方向付け(ゲートへの入射角)は9コマから探られていて脚の蹴り出す方向を決める、選手にとって最も重要なことがら。

「アクティブな重心の戻し運動と脚の蹴り出し」
-----------------------------------------------------------------------------------------------
10コマの画像の上半身を切り取り、同じ10コマの谷足側へ移動して作ったイラスト(A)-1と(A)-2。
10コマ足場づくりの運動時、谷足側へ上体を乗せる運動は、ターンを仕上げるエッジングと重心を戻す運動を一緒に行なっている。重心を戻す運動とはターンから抜け出す為の「重心の戻し運動」。より谷スキー側へ上半身を運ぶ事を「アクティブな重心の戻し運動」と呼んでいる。
 (A)-2の「アクティブな重心の戻し運動」は「脚の蹴り出し」と密接な関係にあり、谷足荷重をしたまま谷足側へ上体を運ぶ程に次の「脚の蹴り出し」運動のスピートを上げる事が出来ます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_2133852.jpg




b0278414_2132652.jpg

b0278414_2133123.jpg


「足場づくりの運動を1コマとリンディボン9コマの比較」
---------------------------------------------------------------------------------------------------
 足場づくりの運動を1コマとリンディボン9コマの比較
 1コマは谷足で足場を作り、その反力も使って切り換えに結びつけています。インクライン気味のセットなので思い切って重心を谷方向へ持ってゆき縦にエッジングしています。
 リンディボンは身体全身での足場づくり9コマ。上半身の角度は次の重心移動の方向を示しています。
ターンの仕上げと一緒に上半身は重心移動の運動へ準備をしていて、二つの目的をひとつの運動動作で行っています。全身での足場づくり運動に優位性があります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
note
インクライン : incline、斜め、傾斜、斜面、坂。スキー用語では斜めにセットされゲート。
b0278414_213194.jpg

by ti-ski | 2013-06-26 00:00 | 2013