「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

水島仁光のスキーテクニック

重心の軌跡・軌跡が大きく変化する本当の理由
---------------------------------------------------------------------------------------
 重心の軌跡をレッドラインで示しました。
 エッジングを始める5〜6コマで軌跡が大きく変化しています。荷重動作に入ったためです。重心の軌跡を頭位置に置き換えると確認出来るでしょう。
 より効率の高い運動を求めた時、この変化はマイナスになります。例えば柔らかい雪ならエッジング時に雪壁が崩れ易くなるし、ハイスピードなら目線がずれやすくなります。

 この重心の軌跡が変化する本当の理由は、山側へ立ち上がることで重心移動が遅れ、角付けへのタイミングを早くつかもうとするからです。4コマのスキー板が浮くことなく、3コマから両スキーがフラットになる方向へ身体を動かして行くとスキーと重心がタイミング良く入れ替ります。タイトなGSセットでは、マキシマム直後に「傾いた下肢を起す運動イメージを持つ」と重心の遅れが少なくなります。

 踏み換え動作や山側へのステップ動作自体は多様性の高いスキー運動です。ある状況に目的意識を持って対応すると最速のスキーテクニックにもなります。重心移動のトレーニング時には「新しいテクニックをもうひとつ増やすため」という取り組み方が良いでしょう。
-------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_1210582.jpg




水島仁光のスキーテクニック
---------------------------------------------------------------------------------------------
 脚の伸展を使いながら力強い外脚軸を作り左ターンと右ターンを円い弧で繋いでいます。もうひとつ魅力的なのがゲートへ、ヘルメット位置を合わせてマキシマムへと向かっている事です。インサイドゲートへ狙い過ぎて強すぎるアンギュレーションを作りエッジ過度になってしまうアタックが多い中、理想的なエッジングを実現する大切な技術的ポイントです。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 谷足荷重を強く表現するあまりターンが円くなり過ぎるきらいがあります。(ターンを引っぱり過ぎる)
 脚を伸ばし、長い外脚軸を作ってターンをリード。ターン後半にスキーが身体の下にも戻ってくる時、ミゾオチ下あたりからの長いストロークを抱え込むように動くのが特徴。そのためか、上半身が谷へ移動しにくくなっています。
 来季は、二つのターン弧をイメージしてトレーニングしてみましょう。
 ひとつは今の持ち味である円い弧と円い弧を結ぶ滑走ライン感覚。新たに、ゲートサイドで小さな弧をつくり、素早くその弧から抜け出しスキーの走りを得ている時に重心をスキーとクロスオーバーさせて次のゲートへ向かう滑走ライン感覚。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_0204671.jpg

b0278414_0203974.jpg

b0278414_0203598.jpg

by ti-ski | 2013-07-31 00:00 | 2013