「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

鈴木聡のスキーテクニック

鈴木聡のスキーテクニック
-----------------------------------------------------------------------------------------
 バランスの取れたターン運動に合理性があり、どこを切り取っても魅力あるポジション。コマとコマの間が本人でなくとも見えるようです。
注目したいのは3コマの「マキシマムポジション」、4コマの「足場づくり運動」、5コマは切り換え前の「重心の戻し運動」の上体の動作、共に魅力的。
「マキシマムポジション」ターン中の最大パワー生まれるところ。外力と釣り合い、進行方向が見定められる事が大切。そのため破線のストレート内傾より実線のアンギュレーションが必要。ピンクラインは機能軸。
「足場づくり運動」斜滑降方向に身体が起き、スキー板に重心を乗せる。
「重心の戻し運動」切り換え前に上体を谷に動かす。
「メトロノーム」重心とその下に伸びる下肢(足)はメトロノームの針のように運動しながらターンを作ります。
------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_11383451.jpg




「素早くターンから抜け出す膝の動き」
---------------------------------------------------------------------------------------------
 左ターン山回りからスキーがフラットになる二人の三コマ、A、B、C。
 サイドカーブ(ラディウス)の強いスキーを使っている鈴木さんは意欲的な滑りを見せているが、この緩斜面では回転弧を深く作り過ぎています。
 スキーの回り過ぎをお抑えて素早くターンから抜け出す、谷膝の動きを梶さんと比べて見ましょう。
 鈴木さんは身体の下にスキーが戻ったCで谷膝を谷方向へ動かし(谷膝を開き)スキーをフラットにしているのに対し梶さんは、腰部がまだターン内側にあるターン後半にBで谷膝を谷へ動作させています。
 素早くターンから抜け出す膝の動きは、スキーの反力を軽減させスキーを挙動を抑える働きもあります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_15492669.jpg

b0278414_4561540.jpg

b0278414_4561015.jpg

b0278414_456692.jpg

by ti-ski | 2013-08-10 00:00 | 2013