「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

斉木修哉のスキーテクニック

斉木修哉のスキーテクニック・「二つの魅力」
-------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_224272.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------
 切り換え場面の8、9、10を並べ替え「クロスオーバー運動」と「アンダーパス運動」を表す。
 クロスオーバーは、身体がスキーを追越し、次のターンへの重心の入れ換え運動。
 アンダーパスは、身体の下にスキーが戻り、次のターン弧へスキーが進む運動。
 切り換えは「クロスオーバー」と「アンダーパス」を合わせた二つの運動で行われる。
 8〜10は二つの「運動ミックス」が合理的に表現された斉木さんの切り換えです。
 注)主要となる複数の運動イメージを「運動ミックス」と呼んでいる。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
外足のキック力を使い、腰(重心)を進行方向へ進める7コマと14コマが魅力的。
マキシマムから腰(重心)を持ち上げるだけに留まらず、外足で蹴るように踏み込みながらエッジング。内足は腰の下あり、陸上の走る動きと同じだ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
note
アンダーパス運動 : 切り換え時の脚の動き。バスケットのアンダーパス(アンダーハンドパス)の腕の動きと、スキーでの切り換え時の脚の運動イメージが似ているのでアンダーパスと呼ぶ。
運動ミックス : 造語、 主要となる複数の運動イメージを「運動ミックス」と呼んでいる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------



斉木修哉のスキーテクニック・「重心位置でピクチャを並べる」
b0278414_13142283.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
重心位置で画像を列べて観る。
 頭位置の変化が少なく、下肢の内傾角と一緒に上体も連動してターンを作る犬伏さん。
 斉木さんは上体の上下動が前屈運動で行われ、下肢の運動とは別に、状況に合わせて使われています。
 ゲート通過直後に重心の戻し運動が始まり、高い位置でスキーの方向付けが行われているため過度なエッジングが少く、ターンに余裕があります。
ミスの少ない多様性の高いスキー操作が特徴です。
 反面、過度に動き過ぎてオーバーワークもありました。
 斜面やターン弧に合わせ、ゆっくりと動くスキー操作と機敏に動くスキー操作の使い分けがパーソナルテクニックを引き立たせてくれでしょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_223517.jpg

b0278414_2234718.jpg

by ti-ski | 2013-09-14 12:00