「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

高橋通人のスキーテクニック

「クロスオーバーとアンダーパスの運動ミックス」
・二つ以上の運動動作を意識的に表現する事を運動ミックスと呼びます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17343043.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「クロスオーバーとアンターパス」
 1〜6をブーツ位置で揃えて並べ替え、運動イメージを観る。
 「A」は、身体が山側から谷側へとスキー板を追越して行く運動動作が見えます。
 「B」は、下肢が身体の下を通過して行く運動動作が見えます。
 「A」をクロスオーバー(運動)と呼び、
 「B」をアンダーパス(運動)と呼ぶ。
  AとB二つの運動ミックスを意識的にトレーニングします。
「運動量の調節」
 クロスオーバーは重心移動を行いながらエッジングポジションへ向かいます。
 アンダーパスは切り換えを行いスキー板の旋回(ピポット・回転)を行います。
 クロスオーバーとアンダーパスの運動量を状況により変化させ、目的に合致する運動ミックスがパーソナルテクニックになります。
「GSトレーニングのヒント」
 クロスオーバーとアンダーパス、どちらの運動動作も雪面圧を一定に保ったまま行なう事がスキルアップに繋がり、またスキーの走りに結び付きます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------



「重心移動と体重移動」・トレーニングのHint
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_026426.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 7〜10コマ。「体重移動」をイメージするため7コマと10コマのアンギュレーションだけが強調されている。7、8コマと9、10コマに繫がりがなくなり、スムーズな「重心移動」が見られない。
 8コマ足場づくりポジションの胸の方向を維持したままクロスオーバー運動で「重心移動」を行い、下肢のアンダーパス運動でスキーの方向とエッジングポジションを見付けたい。
 ロースピードやエッジングの踏み外しでは、体重移動を使います。
 外力を得られる時は積極的な重心移動を行いましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_0255932.jpg

b0278414_0255724.jpg

b0278414_0255446.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by ti-ski | 2013-10-19 00:00 | 2013