「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「ターンの質を決める四つの運動動作」

「ターンの質を決める四つの運動動作」・辻井績武のスキーテクニック
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 ターンの質を決めてしまう四つの運動動作「重心移動」、「エッジング」、「マキシマム」、「重心の戻し運動」。それぞれの運動イメージを作る事がスキルアップに繫がります。
 分解写真は辻井さんの当日トレーニングのベストラン。重心移動とともにスキーを思い通りのところへ進め、エッジングに結び付けています。
12のエッジングポジションはスキーに乗れていながらも重心が先んじてターンに入り、14のマキシマムや15のスキーのタワミに繫がっています。スキーのタワミから走りが生み出され、身体を動かして行く方向にスキーを導く素晴らしいアタックでした。
(1) 重心移動 9〜12。身体全体がターン内側へと入って行く。スキーはターンを始めますが身体の下にブーツ(スキー)をキープしておきます。
(2) エッジング 12〜16。マキシマムへ向かう12〜14までのエッジングは重心が雪面へ近づきます。14から重心の戻し運動が始まり雪面から重心が遠ざかります。
(3) マキシマム 14 。外脚軸が出来ていること。体全体で外力に対応すること。足首、膝は曲げられていること。身体の重さでエッジング(荷重)すること。
(4) 重心の戻し運動 14〜16。傾いた下肢を戻すことでターンから抜け出す。スキーのエッジ角も戻るが踏み込む運動は続けている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17522229.jpg

b0278414_175213100.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------



「辻井績武のスキーテクニック」
------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_1752020.jpg

b0278414_17515280.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17514561.jpg

b0278414_17513862.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------
by ti-ski | 2014-04-22 00:00 | ターン