「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

迎田真貴子のスキーテクニック

----------------------------------------------------------------------------------------------
「腰でエッジング」(1)

A、少し強い外傾でエッジングポジションへ向かう。
ターン前半の強い外傾は重心移動量を少なくするので注意したい。
Bで股関節外転運動、内転運動で外脚軸を作りエッジングを始めている。
スキーに乗れてくると股関節の運動イメージでエッジングポジションを作りたい。
Cはマキシマムポジション。
上体をもぐり込ませるようにゲートへアタックしていてムードも方法も悪くはないが、腰で踏めないのでターンの仕上がりが遅い。
Dマキシマムの推進力を使いターンの仕上げ部分。
梶さんと比較したらイメージしやすいが、腰が進行方向へ向かっていないので踏み込めない。ピンクのラインが腰の方向。もちろんこの腰位置は止めるエッジングやSLのような振幅のあるターンでは多用するが、いま迎田さんに
必要なのは腰でエッジング力をアッブする方法です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_2153441.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
「腰でエッジング」(2)・理想モデル

腰の動きを示すために骨盤の中心軸作り、腰をブルーの三角形で表した。
ターン前半は谷方向(ターン内側)へ腰を移動し、身体全体の内傾角(体軸の移動)と共にエッジングポジションへ導く。A〜B前後がエッジングポジション。
腰の移動で外脚股関節の外転運動と内脚股関節の内転運動でアンギュレーションが現れ、アクティブにスキーを踏み易くなる。
腰の運動でもうひとつアクティブなエッジングに結び付くのが腰の向きにある。
Aからゲートへ向かい、エッジングが強まるほどに、Dの腰も進行方向へ向かう。
AからDへ腰を正対させながらアンギュレーションを作りシャープなエッジングに結び付けている理想モデルの梶さん。
迎田さんは梶さんの腰でエッジングする運動イメージを取り入れ、トレーニングしてみましょう。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17242331.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------



「迎田真貴子のスキーテクニック」

大きな上下運動と少し強引なターン前半のアンギュレーション、そして外脚軸を作りゲートへ狙いを定めています。身体の歪みが取れてパーソナルテクニックの創造に繫がる運動イメージを持ち始めたのではないでしょうか。
4-5のエッジングポジションは外脚軸、内脚のたたみ方も意識されたもので魅力的です。
しかし6-8は上体をもぐり込ませてゲートを通過しているだけに見えます。
ターン方向に腰を向けて外腰に乗る梶さんの運動イメージを模索しましょう。
腰に乗るエッジングを作れたなら、8からのスキー走りを得て10、11の動作が無くなりレッドゲートへスムースに入るでしょう。
13、14は外腰に力が集まるエッジングです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17241783.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17241338.jpg

b0278414_1724981.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
by ti-ski | 2014-06-09 00:00 | 2014GW