「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

稲葉茂一のスキーテクニック

b0278414_4405128.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------



「稲葉茂一のスキーテクニック」
ターン後半の3コマは外足軸を作りエッジング、足場作りの4コマ、その足場固めのエッジングから小さな踏み換えと重心移動。昨シーズンのプルークスタンスからパラレルスタンスになり、大きなスキルアップが見て取れます。バランスの良い体勢からターン後半の積極的なエッジングと重心移動が魅力的です。
2コマと8コマでスキーがシェーレンになり外足の踏み外しがあります。1コマと7コマで腰を膝頭上に位置させ(=スキー真上に重心を持って行く)外スキーをほんの少し滑らす(=放物線を描くラインに滑らす)動作を取り入れてトレーニングしたい。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_4411883.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9-10 ターン後半、10コマの外脚で足場を作っている。「足場づくり運動」はターン中の内傾角を戻し、次のターンへの土台または足固めを作ること。
10-12 身体全体がスキー板を追越すクロスオーバ運動をグリーン矢印で表す。
12-13 エッジがスキーの反対側に切り換わり、13のエッジングポジションに入る。12コマから13コマで外スキーを滑らし、スキーをターンに導く運動イメージを持つことでシェーレンがなくなる筈。
13-14 エッジングポジションを求めています。外スキーを踏み外しているのは、スキーの真上から踏めていないからです。オレンジラインの破線上に腰を持って来るとより軽快なエッジングに結び付きます。
15-16 外脚軸を作り、きれいなアンギュレーションの15コマ。16コマでも外スキーに体重を乗せ丁寧にターンを仕上げる。腕の構えも素晴らしい。
12-16 レッドの矢印はターンマキシマムへ重心を下げながらエッジングしてマキシマムから、さらにエッジングしながら重心を戻して行く運動イメージを表したものです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_4412268.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_1574076.jpg

b0278414_157383.jpg

b0278414_1573435.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by ti-ski | 2014-08-01 00:00 | 2014GW