「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

高見澤圭佑のスキーテクニック

「魅力的なマキシマムポジションを活かす次の運動とは」
--------------------------------------------------------------------------
b0278414_351078.jpg

・A-18、B-18、C-18、18、全て同じ画像です。
・A-18、マキシマムポジションでも重心は両足真中で支える運動イメージが大切です。オレンジ矢印で表す。
・B-18、グリーンは上半身の中心。上体の重さを両足の範囲内で調節して荷重ポイントを調節します。
・19では、右肩を引いて山側へ運動しました。内足へ乗って体勢を維持していますが、この運動方向では効率良く次のターンへ結び付きません。19のグリーンラインは内スキーをもはずれた方向に運動しバランスを崩しています。
・18から次への動作は、上半身が両足から外れないように運動します。B-18のグリーン矢印で外足方向、内足方向、中央の真中方向が両足から外れない方向になります。
・C-18のレッドラインは理想的に動いた結果の上体を表したものです。上体の傾き、腰の傾きは少なくなって進行方向へ外スキーが進みます。
b0278414_35794.jpg

-------------------------------------------------------------------------



-------------------------------------------------------------------------
高見澤圭佑のスキーテクニック・「オレンジとレッドの違いはどこ?」

-------------------------------------------------------------------------
b0278414_35570.jpg

上体と下肢をオレンジラインで簡略化。胸の向きと傾き、下肢は両足の動きを見てみます。
Bのレッドラインは理想的なイメージで作りました。高見沢さんの画像を半透明にして位置をずらし、レッドラインと比較します。
 10、11では、内足膝頭を進行方向へ向け、外足と同調させることで強いエッジングポジションを作り出せます。内足首を曲げて両足の前後差を無くすと腰も進行方向へ向き、腰で力を受け止めるエッジングが出来るでしょう。
 12は強い外向を作り、能動的にスキーの解放動作へ結び付けていますが、この外向がミスマッチなのは13で胸の方向が進行方向(スキーの方向)へ戻されていることです。悠斗くんの2〜3と同様です。
 レッドの理想的なイメージでは、胸は進行方向をへと向かい、12で上体の重みをスキーに伝えています。下肢は身体の下に戻ってからアンダーパスされて、上体は乱れずにクロスオーバーしています。
 オレンジとレッドの違いを探り、もうひとつの運動イメージにトライしましょう。
-------------------------------------------------------------------------
b0278414_35285.jpg

b0278414_34595.jpg

-------------------------------------------------------------------------
b0278414_345632.jpg

b0278414_345338.jpg

-------------------------------------------------------------------------
by ti-ski | 2015-05-20 00:00