「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「重心の軌道を運動イメージしよう。」

「重心の軌道を運動イメージしよう。」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_3223923.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
腰高ポジションを保ちながら外脚軸を作りターン内側へと重心移動しています。
12、13で低重心。エッジングが最大になるマキシマムボジションの14。
マキシマムポジションから内傾角を戻し、15-2の足場づくりで次のターン運動へ向かっています。
肩の力み感はありますが、しなやかで外力も受け止めた効率の高い運動です。
9から直ぐに外脚軸を作っていますが10では、内脚軸(左脚)も作るよう、内足(左足)真上に腰を位置させることが大切です。両足真上に腰を持って来て両足で立つことです。10は重心移動が始まり内傾角が付いていますから、両足でストレート内傾を作ると重心は動きます。
10、11で内傾角が強まり外脚軸は長く、内脚軸は短くなります。スキー(ブーツ)の前後差を作ると内脚軸は無くなりますから注意が必要です。
外脚は長く、内脚は短くなっても両足で荷重意識を持ちましょう。
両足中央で重心を支えると「重心の軌跡」をコントロールし易くなります。
「高見澤さんのスキーテクニック」の中で、A-18の「両足の真中で重心を支える」基本のポジショニングをターン前半でも必要になります。

「魅力的なマキシマムポジションを活かす次の運動とは」の中の「A-18」
高見澤圭佑のスキーテクニック
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by ti-ski | 2015-05-21 00:00 | 重心移動