「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

渡辺景子のスキーテクニック

「ターンの仕上げと重心移動 -1- 」
-------------------------------------------------------------------
b0278414_1754435.jpg

Aは右ターンのターンマキシマムからスキーを切り換えて重心移動する7〜11。
7から8へとアンギュレーションを維持しながら外腰を進行方向へ向わせ(出して)、スキーを踏み込む動きは正確であり魅力的。
8から9は山スキーへ踏み換えています。多様性が大きい踏換え動作は、重心移動量が少なくてもターンに結び付けることが出来ます。しかし速さを求める為にはBの運動イメージをマスターしている必要があります。
Bの運動イメージ
Bの8-a、9-aはそれぞれの元画像8と9に角度を付ける加工をしています。半透明の7、8は本来の画像。
8から8-a、外スキーへ踏み込むように谷方向へ動く(傾け動作)のと同時に、膝を赤矢印へ移動しながらエッジの角度を緩めます。緩めながらもエッジングの圧を無くしてはいけません。
踏み込まれた谷スキーは進行方向を谷方向へ変えながらその走りを維持して9-aのストレート内傾を作りだします。(9-aは体勢を表す為に角度を加える加工をしています。スキーが上を向いていることは除外します。)
Bの運動イメージは直線的なライン取りと途切れのないターンを可能にします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



「ターンの仕上げと重心移動 -2- 」
--------------------------------------------------------
b0278414_17535970.jpg

「ターンの仕上げと重心移動 -1-」の画像を並べ替えて重心移動を観ます。
実際の滑りのAは踏み換えと外傾動作で重心移動の少ないスキーの切り換えです。
Bの8-a、9-aは画像に角度を付けて加工した連続画像。8-aの「傾け動作」は右ターンから積極的に抜け出してスキーの走りを作り、そのまま谷方向へ動きながら9-aの大きな重心移動に繫がります。
Cは7のマキシマムポジションから谷方向へ「傾け動作」の8-aまでをピックアップ。ターンマキシマムからスキーが切り換わるまでの動きを「重心の戻し運動」と呼んでいます。Cは能動的な傾け動作を使う「アクティブな重心の戻し運動」です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_1925017.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17534696.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
b0278414_17533989.jpg

b0278414_17533634.jpg

b0278414_17533168.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by ti-ski | 2015-08-31 17:59