「伊藤知之のスキー通信」


by TISKI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

M.Takahashiの魅力


M.Takahashiの魅力・「セフティー&スピード」(谷スキーのエッジを緩めながら、滑走面へと圧を掛けて行くふたつのポイント。)

 速さを求めたスピードではターン内側から外側へ力を働きかけます。ターン内側にある身体から外足へのエッジングを3pic.のグリーンライン表しました。

雪面を捉えたスキーは弧を描きながら方向を変え、身体の下に戻って解放されますが、不本意なポジションでリリース(解放)された時は転倒やそれ以上のアクシデントにつながりやすくなります。スキーのリリースの仕方は、セフティー面だけではなく、速さへつながるヒントも隠されています。

 6pic.の足場づくりポジションから外足の左脚膝をターン外方向(谷方向・次のターン内側)へ動かすことで角付けを外し

スキーの走りを引き出します。膝だけを使うと7picのように身体が遅れがちになるので、6pic.から「6a」のように上体を、

谷方向へ角度を付けることで、フラットになりつつあるスキーへ圧を与え続けることが出来ます。

 膝の動作でターンから早く抜け出し、重心を谷方向へ運びながらスキー板の挙動をコントロールすることで「セフティー&スピード」

を実現でしょう。

b0278414_20402469.jpg

・6pic.の足場づくりポジションから6aへ進み、上半身の角度を谷へ動かすことで7pic.は省かれる。







M.Takahashiの魅力

 右ターンマキシマムから足場を作り、重心を持ち上げて体軸を入れ換える。外脚軸をセットして低いポジションでゲートへアタック。丁寧な動作は質的向上を充分に感じさせる。

b0278414_20400869.jpg
b0278414_20400101.jpg

b0278414_20384995.jpg

b0278414_20392974.jpg

b0278414_20401837.jpg

b0278414_20390287.jpg



by ti-ski | 2017-12-07 20:56 | 「魅力」で観るスキーテクニック